プログラマー庭野仁司の趣味と悩み

庭野仁司は東京都目黒区出身の26歳の男性です。血液型はO型で人当たりの良い性格をしています。両親と共に実家で暮らしており、一人っ子ということもあり優しい両親からたくさんの愛情を受けて育ちました。都内の私立四年制大学を卒業すると、プログラマーの道に進みました。勤務先も都内であり、実家から通えることにメリットを感じています。というのも、プログラマーの仕事はなかなかの激務であり、勤務時間も長いことから自分で家事をする余裕がないのです。そのため、実家で両親の助けを借りながら生活をしています。平日は家にいる時間が少ないため、なかなか両親とゆっくり話すことはできませんが、父の日や母の日、両親の誕生日などのイベントは、日頃の感謝を込めて贈り物をしています。

プログラマーの仕事にやりがいを感じ、日々の仕事に打ち込んでいる庭野仁司ですが、やはり悩みもあります。それは、職業柄どうしても残業時間が長いことです。平日は、仕事を終え家に帰る頃には深夜をまわっていることもあり、なかなか自分の時間を作れないことや、睡眠不足になってしまうことに悩みを抱いています。勤務時間中もまとまった休み時間を取ることが難しく、ランチはコンビニばかりになってしまうこともしばしばです。外でゆっくりランチをする時間がないことも残念ですが、なにより体に良くないのではないかということが気になっている庭野仁司です。

そんな庭野仁司は、休日に時間が確保できたときには高校時代の友人を誘ってアウトドアに出かけます。日々、パソコンと睨めっこをして疲れている目を癒すため、緑が多い場所へ行くことが趣味となったのです。森林浴は日々の疲れを癒し、リフレッシュできるとして、庭野仁司にとっては大切な時間です。また、自然のなかで友人と語り合うことも、大切な時間だと感じています。しかし、休日でも疲れがたまっているときは1日中寝て過ごしたり、ときには休日出勤となり仕事をすることもあります。だからこそ、たまにゆっくりとできる時間があると、必ず自然を求めて出掛けて行くのです。

今後としては、プログラマーとしてのスキルを磨きつつも、いつか独立したいと夢をみています。独立することは簡単なことではなく、多くの知識を身に付ける必要がありますが、フリーランスになれば自分のペースで働くことができ、自分の時間がつくれるようになると考えているのです。プログラマーとして長く健康に働き続けるために、努力をしていきたいと考えている庭野仁司です。