庭野仁司の仕事と楽しみ

庭野仁司は、東京都目黒区出身の26歳、血液型はO型の青年です。優しい両親のもとに生まれ、一人っ子として大切に育てられてきました。都内の私立四年制大学へと進学し、卒業してプログラマーとなった今も実家で両親と一緒に暮らしています。就職先も都内のため、転勤などがない限り実家を離れる予定はありません。プログラマーという職業柄、勤務時間が長くなりがちで、一人暮らしは家事が負担であることも、実家暮らしを選んだ理由のひとつです。家にいる時間は少ないですが、いつも応援してくれている両親には感謝の気持ちを持っていて、父の日や母の日などには贈り物もしています。

仕事で忙しい毎日を送っているなか、庭野仁司の趣味は自然の豊富な場所へ出かけていくことです。週末に休みがとれれば、高校時代の友人たちとアウトドアに出かけることもあります。プログラマーは一日中パソコンを眺める仕事です。プログラミングが思うように進まないときや、原因不明のバグが発生したとき、非常にタイトなスケジュールでプログラムを完成させなければならないときなどは、残業や休日出勤になることも珍しくありません。一日中パソコンと向き合っていることもよくあります。そんな庭野仁司にとって、自然の緑を眺めることは、目の疲れを癒やすことができる大切な時間なのです。

仕事にはやりがいを感じていて、業務に不満はありません。しかし、残業時間の多いことが、最近の庭野仁司の悩みです。昼休みも外へのんびりランチに行ってリフレッシュする暇もなく、近くのコンビニで済ませてしまうことが多いため、健康にも気を遣いたいと考えています。週末の過ごし方も、出勤になってしまったり、疲れから寝て過ごしたりすることが多いため、時間のゆとりができたら趣味のアウトドアに出かける頻度を増やしたいと考えているのです。

とはいえ、やはりプログラマーはやりがいのある仕事です。庭野仁司は、プログラマーという職業の魅力は、最先端技術の開発に携わっていけることだと考えています。業界で役に立つためには常に新しい知識を学ぶ努力が必要ですが、そうしてスキルを身につけていけば、フリーランスになることも可能だと聞き、独立にも興味を持ち始めました。フリーランスになれば、自分で仕事を選んで量を調整することもできます。今は忙しいですが、将来的には自分の時間が持てるよう、まずは同じ会社で働いている先輩たちを目指してスキルアップしていきたいと考えています。