プログラマー庭野仁司の多忙な日々

庭野仁司は目黒区出身、在住の26歳の男性です。実家住まいで、父と母の3人で暮らしています。父親は機械に詳しく、その影響で庭野はプログラミングに興味を持ち、プログラマーとして働いています。

勤務地も都内で、年収は400万円ほどですが、なにより激務であることが彼の仕事の特徴です。プログラミングは大好きなので、やりがいや楽しさは十分に感じているのですが、残業が多く睡眠時間が少なくなってしまうのが悩みです。また、どうしても目を酷使する仕事であるため、常に目が疲れ気味であることにも悩んでいます。目薬や温めるアイマスクを利用することもありますが、時間が確保できるときは目の疲れを癒すために自然の多いところに出かけます。緑豊かな自然を眺めていると、目の疲れが緩和されると感じているのです。また、自然の美しい場所は日常を忘れさせてくれる開放感があり、仕事の疲れやストレスを忘れさせてくれると感じています。自然のなかでゆったりと過ごす時間は、多忙な庭野仁司にとってとても大切な時間です。

自然のなかでゆったりすることが好きな庭野仁司ですが、自然のなかでアクティブに楽しむことも好きです。休みがとれたときは、高校時代の友人とアウトドアに出かけます。自然のなかで気の合う友人とワイワイ楽しむのも、良いストレス発散になるのです。しかし、プログラマーとして激務な日々を過ごす彼は、休日も仕事をすることが多くありますし、せっかくの休みも疲れ果てて1日中寝て過ごすこともあります。

そんな庭野仁司は、健康管理には気をつかっています。実家暮らしで自炊をする習慣がなく、多忙でもあるためランチはもっぱらコンビニ弁当ですが、選び方には気をつかいます。なるべくカロリーが低く、かつしっかりとバランス良く栄養がとれるものを選びます。野菜もしっかりとれてカロリーが控えめなメニューとして、スープ系を選ぶことが多いようです。また、激務で体調を崩さないように栄養ドリンクを飲むこともあります。

しかし、どんなに気をつかっていても、やはり連日の残業に身も心もくたびれてしまうこともあります。残業が多く激務であることは、やはり庭野仁司の悩みの種です。家族仲が良く両親思いな彼にとって、家族との時間が作れないのも少し寂しいといいます。大好きなプログラミングの仕事ですが、働き方については疑問を感じているのでしょう。健康的に、趣味の時間も楽しみながらプログラマーを続ける方法を考える日々です。