ハイヤーを利用するメリット

ハイヤーと聞いて思い浮かぶことはどんなことでしょうか。黒塗りの高級車で会社の重役やVIPを乗せている車というイメージが主なものだと思いますし、利用するならばタクシーという方の方が圧倒的に多いです。では、タクシーとハイヤーの違いとはどういったものなのでしょう。

タクシーは乗車から目的地までの距離と時間に応じて利用料金が変動しますが、これに対し、ハイヤーは利用した時間で決まる、時間貸しの自動車です。ハイヤーは英語では賃貸の意味を持ちますが、日本では貸し切りとなり、事前の契約をすることで利用ができます。契約している時間は自由に車を乗り降りしたりできますし、目的地への移動が叶います。例えば観光地などで利用する場合には、ひとつの観光地を見学している間は運転手さんに待っていてもらい、観光が終われば再度乗車して次の観光地へと向かうことができます。

タクシーの利用の場合は、道路で手を挙げるだけで止まってくれますから、すぐに乗車して移動できるのが利点です。都市部では利用率も高く比較的どこでも拾うことができますが、地方や都市から少し離れた場所では、なかなかそうはいきません。離れた場所に位置する観光地に移動するにはそれなりに料金が発生するなど、デメリットもあります。反面、ハイヤーは、一日や半日、2時間などの時間指定で貸し切りにすることができるため、都度の支払いも必要なく、わずらわしさがほとんどありません。観光地をまわれば増える手土産や荷物もそのまま載せておくことが可能です。

観光目的で利用ができるハイヤーでは、運転手がその街を詳しく知り尽くしている会社も多く、その土地の文化に触れながら観光でき、普段の旅行とは少し違った贅沢な時間を過ごせます。また、英会話の得意な運転手などもいますから、外国の友人を連れている時にもおすすめできます。

ハイヤーを利用するメリットは他にもあり、中でも時間を有効的に使える点が特徴的です。社長や会長など企業の上役が利用する場合には、移動の車内で電話をしたり書類を読んだり仕事に関わることを行う場合がありますが、快適な空間ですし、運転手は守秘義務を守ってくれますから安心です。また、分刻みのスケジュールで動く必要がある方でも、車内をオフィスのように使うことができ、時間を無駄にしなくて済みます。頻繁に利用する、毎日移動があるといった企業ならば、年間契約や定期契約を行うことで便利に利用ができるため、社用車と同じ扱いで活用できます。

移動の際は土地に詳しい専属の運転手が乗車しますので、道に迷うことなく、時には迂回路なども把握しているため、渋滞を避けて効率の良い移動が可能になります。ハイヤーに使用される車両は高級車が多く、日本のトップメーカーだけでなく外国のメーカーもあり、乗り心地がいい車両がそろっているのも魅力的な点です。そのため乗車する人や人数のバランスなどに応じて選べます。

ハイヤーの運転手は、その運転技術以外にも必要とされている要素が多くあると言われます。高級車を運転したり、重役を乗せるという観点からも、安心と安全を第一にしなければならないのはもちろんですが、快適な空間を生み出し、お客さまに満足してもらうためにサービスや配慮を行える精神が欠かせません。最近多く見かけるようになってきた女性の運転手が乗るハイヤーは、女性ならではの細やかな心配りが届くという面でも人気となっています。利用場面は多くあり、企業ならば早朝や深夜にまたがる空港や接待ゴルフの送迎、一般ならば、結婚式会場への新郎新婦の移動や法要の家族での移動といったことに活用できます。その時々の場面にふさわしい移動手段として利用が可能です。

NEW TOPICS

2020年06月08日
ホームページを更新しました。